ライスフォースのディープモイスチュアシリーズには化粧水・美容液・保湿クリームなどいくつかのアイテムがありますが、その中から基本の3アイテムについて、使い方を見ていきたいと思います。

 

ライスフォースの化粧水には、拭き取り用として使うことができる化粧水もあります。Tゾーンやあごの付近など、皮膚の角質がぶ厚くなっているような場所はこの拭き取り化粧水を使って入念に拭き取るようにして下さい。

 

お肌が荒れているなと感じるような部分については、化粧水をコットンに含ませてパックするようにします。時間的には3~5分ぐらいで十分です。

 

口の周りや目元などはお肌が乾燥しやすいので、化粧水を使った後にライスフォースの美容液をあわせ使いして保湿するようにします。

 

このとき、美容液をとんとんと叩くようにしてお肌になじませると効果が上がります。口の周りでほうれい線が目立つようなときには、その部分をマッサージしながらつけるようにするといいでしょう。

 

また、額や鼻筋など顔の中で高くなっている場所にもライスフォースの美容液をあわせ使いしておきます。紫外線が当たりやすくダメージを受けやすい場所だからです。

 

ライスフォースの保湿クリームの使い方ですが、クリームは顔だけでなくて首もとにも塗るようにして下さい。顔だけお肌ケアしても、首もとも意外に目立つ場所なので効果半減ですよ。

 

ライスフォースの基本3アイテムの使い方は以上のようにしますが、特に朝はこれに加えてUVプロテクトもしておきましょう。UVプロテクトは顔全体に使うことになりますが、メイクをしなければなりませんから使った後にティッシュペーパーで軽くおさえるようにします。

 

ライスフォースの基本3アイテムについて、より効果が上がる使い方を見てきました。大事なのは、自分のお肌の調子が今どんな具合で、そして何が足りないのかをしっかり把握してライスフォースを使うようにすることです。お肌の具合がずっとよくなりますよ。

カテゴリー